ミルトンコーヒーが考える​スペシャルティコーヒーとは

Specialty Coffee

​お客様が口にした時に、純粋に”美味しい”と感じていただくこと

お客様が口にした時に純粋に美味しいと感じていただければ、スペシャルティコーヒーと呼べると考えています。
ただし、私たちは以下の事を特に考慮し、生産者から直接

買い付けを続けています。

​我々が直接調達するスペシャルティコーヒーの条件

雑味のないクリーンで、個性豊かな風味をもつ液体であること

カップオブエクセレンスのカッピング基準で85点以上であること

国際相場による価格決定ではなく、生産側の経費+利益を考慮した価格で購入

コーヒーの出所が明確であり、知りたい情報を得ており、不足部分は容易に生産者から得られること

弊社と長期に渡ってお付き合いを望んでいる生産者であること

汚水管理や森林環境に配慮している農園であること

農園主の元で働く労働者が平均もしくは、それ以上の賃金を得ていること

誰もが純粋に、美味しいコーヒーと感じるコーヒー

素材×探求

コーヒー生産者からの手のかかった素晴らしい素材、それを活かした焙煎、誰もが純粋に美味しいコーヒーと感じるコーヒーを、生産者と私たちでお客様にお届けする。
自分たちが飲むコーヒーがどこでどのようにして作られ、どのようにして運ばれてきたのか・・・
本当においしいコーヒーとは何なのか・・・
お客様も生産者も私たちも笑顔になれるサイクルを続けていきたい。それがミルトンコーヒーロースタリーです。
買付けする際、いつもお客様が喜んでくださる顔を思い浮かべながら選んでいます。

確かな素材の調達

買付けている生産者達のほとんどがカップオブエクセレンス(国際品評会)受賞経験者。
同じ方法で栽培、収穫、処理している生産者はいません。
毎年、去年よりももっと良い方法を常に考える生産者。
美味しいコーヒーを作りたいという強い思いがあるからこそ品質の高い素材が出来るのです。
●すべてのコーヒーを農園の区画ごとに
カッピング(味の審査)
●好みではなく国際基準となるカッピングの点数で評価し、価格を決める

​コーヒー豆の調達は好みでは行われません。客観的に評価されたトップクオリティだけを生産者から購入し、その評価に見合う購入金額を毎年提示することで、それぞれの生産者から優先的に最も良い素材を提供していただけるのです。

独自の直接買い付け

直接、生産者から最高品質の豆を調達するメリットは数多くあります。スペシャルティコーヒーの重要な考え方のひとつに、サステイナビリティや情報の透明性、トレーサビリティが挙げられますが、我々が直接コーヒー豆の調達からお客様への販売を行うことで、これらが可能となるわけです。

節約した中間コストは、そのまま生産者から購入するコーヒー豆の単価アップにつながります。

単価アップは生産者の生活向上だけでなく、農園内に注込まれる費用面にも大きな好影響を与えます。

​それが毎年の品質向上や維持につながり、継続性に繋がっていきます。

スタッフ全員の産地研修や、2018年から始めたお客様の産地ツアーは、十年以上続けている直接買付けがもたらすお互いの信頼関係があって実現可能となり、更にお互いの信頼向上と理解に繋がります。

​関わる全ての人が幸せを感じることも重要ではないかと考えています。

素材を生かす焙煎​その後の製造と​品質管理

創業当時は国産の1㎏焙煎機で始め、1年後に日本に1機しかない、イタリアのトラバットー二社の焙煎機「イタルノバ」で焙煎開始。現在はアメリカのローリング社の焙煎機「S35 Kestrel」で製造。

その日の天気から生豆の状態に至るまで、全てに配慮した焙煎を行うことにより、スペシャルティコーヒーが持ち得る全ての特性を最大限引き出すことが可能となります。 焙煎中はまさに、秒単位、0.01度単位で豆の投入時から窯出しの瞬間まで焙煎士により判断され、その後のカッピング(テイスティング)によりお客様に販売可能な品質に仕上がっているかの判断がされます。

納得のいかない焙煎豆は、勿体ないですが飲み物用としてのコーヒーとしては販売いたしません。

​これは生産者から見れば当たり前のことで、美味しく仕上がったコーヒーだけを飲んで頂きたいと思う彼らの思いに基づいています。実際、彼等には納得いかないコーヒーは販売しないと約束しています。

焙煎後のコーヒー豆はすぐさまアルミ袋に詰められ、冷凍庫へ投入されます。焙煎後のコーヒー豆は

​炭酸ガスを放出しますが、引換えに酸素を取り込み酸化を促進させ、香りの成分までも放出してしまいますが、お客様にお渡しするまでの間、我々は折角のコーヒーの劣化を最小限に抑えたいという気持ちで品質に向き合っています。

生産者との信頼関係

生産者は今でも相場によって販売価格を決められ、時には低い相場の為に赤字になってしまいます。
我々は彼らが生産するために必要な費用プラス利益をきちんと上乗せした金額で買付けしています。
継続的に買い続けることが、品質を高めていくモチベーションにつながります。

*●年に一度は必ず農園訪問(10日から2週間程度滞在)*
*●中米(ニカラグア・・・6農園)(エルサルバドル・・・3農園)
*●南米(コロンビア・・・5農園)

© 2019 ALL RIGHTS RESERVED milton coffee roastery.

ミルトンコーヒーロースタリー

〒745-0006 山口県周南市花畠町1-1

Tel: 0120-56-3610
Fax: 0834-33-8874