Coffee Roasting

​コーヒーの焙煎

コーヒーの焙煎

焙煎機について

国産メーカーの1kg焙煎機、イタリア製の10kg焙煎機、そして3台目となる現在はアメリカ製の35kg焙煎機で製造しています。

​仮説と検証を繰り返すことでノウハウは蓄積されてきていましたが、現在のローリング社のスマートロースターに変更してからは、より理想に違い焙煎をすることができ、それはそのままお客様の評価に繋がっていると日々の営業でも感じています。

これまで使用してきた焙煎機をフル活用していたからこそ、現在の焙煎機が有効活用出来ているように思いますし、コーヒー豆のもつポテンシャルを引き出すのに必要な許容範囲の広さも、現在の焙煎機は持ち合わせており、全てが合わさって美味しいと感じて頂けるコーヒーが出来上がっています。 焙煎はエンドレスに学べる楽しい作業ではありますが、焙煎の原理を知っていれば、手編みの焙煎でも美味しく焼けることは間違いありません。 焙煎機ありきではないですが、スペシャルティコーヒーという特別ハイクオリティなコーヒーには、特に業務用において、オーバースペックぐらいの性能を持つ焙煎機の使用は必要不可欠でしょう。

焙煎について

コーヒー生豆を焼いて茶色の状態にする作業が表面的に見た「焙煎」ではないでしょうか。

その焼くという作業において必要な熱のかけ方と、熱を運ぶ空気の調整(吸気・排気)でコーヒー生豆は美味しくもなり、不味くもなるわけです。 産地で直接買い付けてきた素晴らしいコーヒー生豆のポテンシャルを100%引き出してあげる作業が焙煎とも言えます。 全ての条件が見事に決まった時に、素材のもつ本領が発揮されるわけです。

これまでも、ミルトンコーヒーロースターにおいて焙煎は日進月歩で進化してきました。
焙煎されたコーヒーを カッピング(テイスティング)し、焙煎の微調整を行う。 この作業を毎日繰り返しています。
全てのコーヒーは最善を尽くした焙煎と、カッピングによる品質チェックをクリアしたものだけ!
カッピングで納得しなかったコーヒーは、お客様のお口に入ることはございません。 そして焙煎とカッピングの繰り返しが、それぞれのコーヒー豆の最適な焙煎の近道となります。 ミルトンのお客様にも、ご自宅で焙煎を始められた方々がいらっしゃいますが、皆さん一様に楽しいとおっしゃいます。 趣味の焙煎と業務用の焙煎では、何かと異なりますがそれでも楽しいことには変わりありません。

現在のようにある程度確立されてくるまで、どのぐらいの量を廃棄したかわかりませんが、続けられたのも楽しさと美味しさのおかげです。

​それぐらい、焙煎とは奥の深い作業の一つなのです。

© 2019 ALL RIGHTS RESERVED milton coffee roastery.

ミルトンコーヒーロースタリー

〒745-0006 山口県周南市花畠町1-1

Tel: 0120-56-3610
Fax: 0834-33-8874